人間ドック前だけ健康的に過ごすのは有りか?

人間ドックの前になって、急に模範的な健康生活に切り替える人がいます。確かに再検査などになりたくない気持ちはわかりますし、会社単位で受けるのならば変な数値を記録に残したくない、といった考えも出てくるでしょう。しかし、だからと言って人間ドック前だけ健康的な生活をするのは、将来の病気のリスクをあぶり出すためにはかえって不都合になってしまう可能性もあります。ずっと節制して健康的な生活が出来るのならば問題ありませんが、一時的に健康的な生活をして数値を基準値におさめても、検査の意味がありません。

人間ドックはあくまでも体の異常や将来的なリスクを見つけ、将来健康で幸せに生きるための検査です。そのため、検査直後からすぐに不摂生な生活に戻ってしまうのであれば、かえって検査前だけ健康的な生活をするのは病気発見の機会の逃してしまうことも考えられます。また、逆に考えれば、検査前に脂っこい食事やたくさんアルコールを摂取してしまうと、一時的に検査の数値に異常が現れることもあります。飲酒ではγ-GTPは数日前の飲酒量を反映してしまいやすいですし、中性脂肪は24時間以内の食事が数値を変動させます。

なので、前の人間ドックに比べて急にγ-GTPや中性脂肪の値が高くなったとしても、数日前の飲食物が反映されてしまっただけ、という可能性もあります。いずれにせよ、検査前はできるだけ普段通りに過ごし、体の状態をありのまま検査してもらう方が病気予防には役立つでしょう。

Filed under: 健康, 口コミ, 禁煙グッズTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website