油断しないで皮膚科で診察してもらうべき病気

皮膚科では、肌に出てきたぶつぶつや炎症、激しいかゆみなどの総合的な異変を診てもらえます。それでは、どのような症状に見舞われたら、皮膚科に行った方がいいのでしょうか。ニキビは思春期に入ると誰もが出来るものですし、生活習慣が乱れていると成人していてもできますし、女性の場合はPMSでニキビができる人もいます。そのせいであまりニキビは病気だと認識されていないところがありますが、化膿して赤ニキビや黄色ニキビと呼ばれるようになったニキビは立派な病気ですし、白ニキビの段階で適切な治療を行っていればそこまで重症化したりはしません。

皮膚科では抗生物質の入った内服薬やケミカルピーリングなどの治療を行います。ひどくなると顔に色素沈着やしこりのような跡が残りますから、早めの対応が必要です。アトピー性皮膚炎も皮膚科に訪れる患者さんが多い病気として知られています。アトピーはその症状や体への広がりから重症度を判断し、その度合いに応じて治療に使用されるステロイドの等級が決まります。

もtttも軽い場合は乾燥だけですが、重くなると浸潤やびらんなどがひどくなります。抗炎症薬やかゆみ止めは市販の塗り薬も充実しているので、少しかゆかったり乾燥しているくらいなら市販薬や以前処方してもらった薬を使えばいいと判断して皮膚科に行かないというのは、その症状に応じた薬を処方してもらえないのでよくありません。自分のアレルギーが気になる場合はアレルゲンテストをしてもらうこともできます。

Filed under: 健康, 煙草, 離煙パイプTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website