手外科について知りたい

手外科とは、ひじ関節から指先までの骨折、損傷、靭帯や腱の切断や損傷など、手に関するあらゆる疾患に対応する手専門の診療科です。手には100種類以上の疾患が存在します。手外科では、関節リウマチなどによる関節の変形や腱鞘炎、腱や神経の損傷、腫瘍、生まれつきの奇形や変形などを治療しています。手は日常生活や仕事をするため欠かせない器官で、細やかな動作が求められます。

手がうまく使えないと日常生活で大きなハンディキャップが生じてしまいます。手や指には繊細な知覚があり、常に脳の指令で動いています。少しのケガや疾患でも思うように使えないと、とても不便な思いをします。手の痛みやしびれを放置したために病状が悪化し、治療に長い時間がかかるようになってしまうことも少なくありません。

手外科は整形外科の一分野ではありますが、手の特殊性から専門性の高い分野です。痛くて手が使えない、手の形が変形している、指が動かしにくい、手がこわばる、などの悩みを持つ人たちの症状を改善し、手が使えるようにするのが手外科の目的です。手には細い血管や神経、筋肉、関節、腱などが通っています。手の治療には豊富な知識や経験、高度で繊細な技術が欠かせません。

日本手外科学会で認定された医師による診察なら豊富な知識や経験による診察や治療を受けることができます。手の外科を標榜しているクリニックや病院もあります。手の疾患や外傷に悩む場合は、手の外科を標榜している病院で相談してみることが一番です。

Filed under: 健康, 口コミ, 禁煙グッズTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website