ストレスチェック制度で、事業経営の好循環をつくる

ストレスチェック制度は、従業員を50人以上雇用している会社に実施が義務付けられた、厚生労働省が施行している制度です。労働者を守る側面が強い制度ですが、活用の仕方によっては、事業者を守る側面もあり、好循環経営につながります。ストレスチェック制度を実施することで、事業主が職場環境の現状を把握でき、どのような点を改善すれば良いのかが浮き彫りになってきます。ストレスチェック制度を実施した医師などの専門家の助言により、より良い改善方法が見えてくると考えられます。

従業員が感じるストレスは、職場内の人間関係や行っている業務が能力や特性にあっているか、残業時間の量などから大きな影響を受けます。ストレスチェックの実施後、職場の管理者と共にこれらを分析し、従業員の業務内容の変更や配置換え、職場環境を改善する勉強会などを行いましょう。これらの実施により、従業員のストレスが軽減し集中力が上がり、生産性や業績の向上、残業時間の減少、離職率の低下にもつながっていきます。ストレスチェックを定期的に行い、改善方法を検討し実施していけば、上記のような職場の好循環が生まれてきます。

そしてその過程や結果を関連企業やホームページなどに積極的に公開していくことで、自社の大きな長所としてアピールをしていくことができます。最近の新卒者が企業を選ぶ際に重要視しているのは、雰囲気や社風、やりたいことができるかということです。制度活用の過程や結果を公開していくことは、優秀な人材の採用が容易になることにもつながっていきます。

Filed under: 健康, 煙草, 離煙パイプTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website