ストレスチェックについて

色んな企業や業務内容が有ります。どんな業種に就いていても仕事のハード差や人間関係等の複雑な部分が有ります。その会社に就職している人のみが分かる心理的負担や業務内容のハード差で身体的疲労感等仕事をしている上では有る程度は至極当然な事かもしれません。しかし、一定の枠を超えてしまうとそれはストレスとなってその日の内に消化してしまう事は出来なくなってしまいます。

そんな状態で毎日の仕事を繰り返して行っていると次第に精神的疲労が増えていき、胃部不快等の身体症状にもなっていく可能性も有ります。企業としては働く人のストレスチェックを定期的に行っていき、その原因となる理由を知る事とストレスの緩和につながっていく対応をすべき事になっていきます。せっかく仕事を覚えてもらっても日々の過酷な勤務内容等で退職をされる様な結果になる事を防ぎたいと重いからです。一年に二回~数回位のストレスチェックを行ってもらい産業医に確認をしてもらう事が必要になってきます。

事務系等の業務内容の方もそうですが、医療関係や施設での介護を行っている介護士等はよくこのストレスチェックで不平不満を持っている事が多く認めて有ります。介護を行いながら、実際には処置をする事は出来ませんが、異常の発見等の普段との違いなどの発見も行っていく事も理由になっていくのかも知れません。職種の違いは有っても機械を相手にする仕事と人の対応等の業務を行っている人は精神的・肉体的疲労感がストレスになっていく事は間違いありません。

Filed under: 健康, 煙草, 離煙パイプTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website