ストレスチェックと心の健康

ストレスチェックは従業員数50人以上の事業所に厚生労働省が義務化している、アンケートなどを行って従業員のストレスの度合いを測るものです。一般的に労働時間がながいほどストレスの度合いも高くなって健康状態にも影響を及ぼします。長時間労働にもよりますが、人によってストレスの受け方も違ってきますし、労働内容によっても様々です。そこでたいていは会社から委託された業者がアンケートを作成し、従業員にその内容に答えてもらいます。

この場合、上司がストレスチェックの内容を見ないように封筒などに入れて提出しています。事業所によって違いますが、労働時間内にアンケートをする部署もあります。そしてデータなどで高ストレスを持っていると判断されたら医療機関で見てもらうよう勧められます。会社内に医療所があるところは産業医といって職場と連携しながら仕事の拘束時間を減らしていくことも可能です。

この場合、産業とよく話し合い体の不調が出てしまい、困っている人は心療内科や精神科病院などで診断を出してもらうことも可能です。職場で倒れて普通の病院に行って検査をしてもわからない人はいます。精神状態がどのような状態にあるのか一般の検査内容ではわからないからです。自分が仕事の労働時間が長く人間関係に悩まされてやりがいも感じられない人は、ストレスチェックでもかなり高いストレスを感じていると診断されます。

また早めに自分のストレスが高いとわかれば上司にきちんと報告し、睡眠不足や体の不調があるなら相談しましょう。通院で治療を行ったほうが早く治ります。

Filed under: 健康, 煙草, 離煙パイプTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website