多汗症治療は医師の診断から

暑くなってくると汗をよくかくようになります。汗は上がりすぎた体温を下げるために、身体が水分を体表に出すことで水が気化熱を奪って蒸発する仕組みを利用するために出ます。暑い時期や緊張した時などに汗をかくことは普通のことですが、何もないのに汗をかいたり異常な程の量の汗をかくことがあります。これを多汗症といいます。

この病気は手や足などの汗腺が集中する場所にだけ起こる局所性多汗症や全身から汗が多量に出る全身性多汗症などがあり、先天的にその形質を持つ人や精神的ストレスが多い人には発生しやすいとされています。多汗症治療は何が原因となっているかが分かることが大切なので、異常を感じたら病院にかかることをお勧めします。一般的にストレスが原因とされますが、それは緊張状態になると交感神経が優位になって汗腺の働きが活発になるからです。現代はストレスが過多になりやすく、空調の発達などで自律神経の働きが乱れやすいため、ストレス性の多汗症が起こりやすい環境といえます。

また、循環器系の病気やホルモンバランス、代謝異常が原因となる場合もあります。多汗症治療は自己判断に任せず、専門家の意見を仰ぎましょう。本人が多汗症と自覚していなかったり周囲の理解が得られないことも多いため、普段の生活に異常をきたすことや鬱などの心の病を発症させるケースもあるなど厄介な病気といえます。多汗症治療は長い目で見て上手く付き合っていくことを考えて行いましょう。

Filed under: 健康, 口コミ, 禁煙グッズTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website